BOI(タイ投資委員会)の投資優遇とは?

1.BOI(タイ投資委員会:Board of Investment)とは?

タイの投資振興の根幹をなす投資奨励法の実施責任を担当しているのが投資委員会です。役割はおもに投資政策の策定と重要投資案件の認可です。前者は投資奨励法に基づく奨励業種、条件の決定、変更、投資の基本的な条件、特典の決定、変更などを2000年に公示された投資政策により運営しています。後者は投資額5億万バーツ以上で、国内市場向けの案件のみ審査し、その他の案件はBOI事務局等で審査されます。

2.新BOI投資奨励策の概要

2015年1月より、地方への分散投資を目的とした従来のゾーンによる恩典は廃止され、新投資奨励策では、基本恩典として業種別による恩典と、追加恩典としてのメリットによる恩典の 2種類の投資恩典に整理されました。

3.業種別の投資恩典とは

業種別による恩典においては、今後のタイの国際競争力の向上等に必要と考えられる業種の重要度に応じて、個々の業種について、法人税の免税恩典が与えられるグループAと免税恩典のないグループ B(B1~B2)に分類されました。グループA及びグループB の投資恩典の概要は、それぞれ下表のとおりです。

グループ 法人税免税 その他の恩典 メリットベース
恩典
免税 免税期間 免税額
上限
機械輸入
関税免税
輸出用原材料輸入関税免除 非税務恩典
A1 あり 8年 なし あり あり あり土地所有外資独資労働許可他 免税期間後最長5年間法人税50%減免
A2 あり
A3 5年 免税期間後最長3年間法人税免税
A4 3年
B1 なし なし なし  競争力向上及び地方分散へのメリット恩典のみ認める
B2 なし

A1グループについては、免税累積額が当初投資額(土地、運転資金を除く)に達しても、免税期間内であれば引き続き法人税が免除されます。

4.メリットバース恩典とは

メリットによる恩典においては、1.競争力向上へのメリット、2.地方分散へのメリット、3.産業地区開発へのメリットという3 つの観点から、国や産業発展に貢献する活動に対する投資を奨励するため、一定の要件を満たす投資に対して、法人税の免税恩典等が追加付与されます。

以下の6項目については、活動のための費用または投資額の当初三年間の売上高に対する比率又は金額により、法人税免除期間が追加で付与されます。

タイの発展に寄与する業種や投資促進地域に立地する企業への当初3年間の売上高に対する投資または費用の額 法人税免税
追加年数
1%または2億バーツの小さい方 1年
2%または4億バーツの小さい方 2年
3%または6億バーツの小さい方 3年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL